便通を良くする方法

あなたは便秘がひどく下剤に頼っていませんか?

あなたは、便秘がひどくてよく下剤を使用していませんか?確かに、一時的に使用するのであれば
それ程、気にならないとは思います。もし、あなたが下剤を長期間使用しているならば、やはり
下剤の副作用が気になってしまうと思います。

 

例えば、下剤を長期間使用した場合、起こりうる副作用として

 

●腹痛や下痢が起きてしまう

 

●頻繁に下痢をしてしまったことによる脱水症状

 

●下剤を使用しないと排便できなくなってしまう依存性

 

など、あくまでも一例ですが、このような副作用が起こり得ることを注意しなければいけません。

 

実際に、私も便秘に悩んでいた一人として、やはり長期間の下剤の服用はちょっと危険ではないかと
思い、下剤に頼らない別の方法を考えるようになりました。もし、私と同じように毎日のお通じを良くしたいと
悩んでいる方に参考になればうれしいです。

 

 

なぜ便秘がひどくなってしまうのでしょうか?

便秘になる要因は、ざまざま考えれますが、例えば

 

●食事が肉食中心で食物繊維を含む野菜をあまり摂取しない

 

●仕事がデスクワーク中心であまり運動しない

 

●ダイエットのし過ぎによる便秘

 

●ストレスによる便秘

 

などさまざまありますが、生活習慣が便秘の原因になるということは間違いなりません。

 

また、腸内には、腸の動きを活発に促進する善玉菌とそれとは反対の作用をする悪玉菌が存在しています。
お通じの悪い方は、腸内環境のバランスが悪く、悪玉菌が優位となってしまいます。ですから、腸内環境を
整えることが、便秘の解消に繋がります。

 

 

では下剤に頼らないで便通を良くするには?

まず、便通を良くする方法として、今現在の生活習慣を改善することから始めていきましょう。肉食中心の
食生活を改め、食物繊維を含む野菜を多く摂取していきましょう。そして、適度な運動を心掛けましょう。
また、規則正しい生活習慣を心掛け、ストレスを溜めないように気を付けていきましょう。

 

さらに、腸の動きを活発にする善玉菌を増やすことが大切です。善玉菌を増やすことにより、便通が
良くなってきます。

 

ビフィズス菌などの善玉菌は、ヨーグルトなどに含まれていますが、胃酸などに影響を受け死んでしまうため
生きたまま腸に届けるのは、結構難しいようです。そこで、善玉菌を増やすには口から摂取するだけでなく、
すでに体内に存在している善玉菌を活性化してしていきましょう。

 

そこで、善玉菌を活性化させるためには、オリゴ糖を摂取していきましょう。オリゴ糖は、善玉菌である
ビフィズス菌の大好物なのです。すなわち、オリゴ糖を多く摂取することにより、善玉菌が元気になり、
数を増すことが出来るのです。

 

ぜひ、下剤の副作用が気になる方は、オリゴ糖を摂取しビフィズス菌を増やし、腸の蠕動運動を活発にして
便通を良くしていきましょう。